イソフラボンもたらす影響って?

女性

 

 

女性ホルモンと同じ働きをする成分があります。

 

それは「イソフラボン」です。

 

女性ホルモンは年齢や体調によってバランスが崩れる事がありますが、そこを補う力があるイソフラボンについて見て行きましょう。


イソフラボンとは何か?

大豆

 

イソフラボンはポリフェノールの一種です。

 

みなさんが“イソフラボン”と聞いてまず頭に浮かぶのは「大豆」ではないでしょうか?

 

それもそのはず、イソフラボンはマメ科の植物(大豆や納豆、豆腐など)に多く含まれています。

 

イソフラボンを冒頭で「女性ホルモンと同じ働きをする」と紹介しましたが、正しくは女性ホルモンの1つである“エストロゲン”の働きと良く似ています。

 

このエストロゲンは“女性らしい体を作るのに必要不可欠なホルモン“と言われています。

 

エストロゲンは加齢とともに体内での分泌量が減っていきます。その為それらを補う働きをするイソフラボンはとても重要な栄養素と言えます。

イソフラボンが与える効果

女性の口まわり

 

イソフラボンが人に与える効果は以下のような物があります。

 

更年期障害の緩和

 更年期には様々な症状が体を襲います。

 

頭痛、発汗、顔の赤みなどの体への症状やイライラして気分が落ち込むなどの精神的
な症状があります。

 

 これらはエストロゲンが急激に減少する事で引き起こされるので、イソフラボンを摂取していれば症状の悪化を抑える事も可能です。

 

美肌効果

年齢を重ねてエストロゲンの分泌が減少すると肌が生まれるサイクルが狂います。すると、乾燥したりシミやしわが増えてきたりします。更にはハリや弾力までもが失われていきます。

 

イソフラボンを摂取すると肌の問題を改善する事が可能です。

 

骨粗しょう症の予防

骨も歳を取っていきます。

 

加齢によってホルモンのバランスが崩れると骨からカルシウムが流れ出てしまい骨粗しょう症になるリスクが高くなります。

 

病院では骨粗しょう症の治療法としてカルシウムと同時にイソフラボンを摂取する事がすすめられています。

イソフラボンは適正な量の摂取が必要

大豆食品

 

イソフラボンの効果を得ようとたくさん摂取すると逆に危険を招きます。

 

副作用として胸の張りや下腹部の痛み、悪化すると子宮の病気になる事もあるのです。

 

国が決めたイソフラボンの目安摂取量は1日40〜50mgとなっています。

 

これは豆腐では1/2丁、納豆では1パック程です。

 

みなさんが思っていたよりもかなり少ない量だったのではないでしょうか?

 

その理由は2つあります。
1つ目は、イソフラボンは体内に蓄積できない成分なので“毎日・少しずつ摂取”する必要があるのです。

 

2つ目は、イソフラボンを大量に摂取してしまうとホルモンのバランスに影響を及ぼす恐れがあるので注意が必要なのです。

 

イソフラボンはその摂取の仕方によって体に“良い影響”も“悪い影響”も与えます。

歳を重ねても女性はいつまでも若く・美しくいたいと願っています。

 

その為には“良い影響“を与えてくれるイソフラボンの摂取量を守る事が必要ですね。

 

 

>>小学生のひげケアクリームランキングはこちら