小学生女子のひげ、どうしたらいいの?

悩む少女

 

小学生の女子でひげが生えてきてしまった人はそのひげを「どうしたら良いのか…」と悩んでいる人はとても多いと思います。
とっても仲の良い友達がいてもひげの事を人に聞くのは恥ずかしいですよね。

 

でも自分で対処するにはなにをどう参考にしたら良いのか?
そんな人に役立つ情報をこっそりお教えします。


対処法は意外と多い?

 

ひげのケアの方法としては

1.脱毛する
2.除毛する
3.抑毛する
4.脱色する

といった風に色々な方法が思いつきます。

 

しかし小学生女子と言えばまだ子供。肌への負担はできるだけ避けたい所です。

 

まずはそれぞれの方法について見てみましょう。

 

<1.脱毛について>

脱毛

 

使う道具は関係なく脱毛は毛自体を抜いてしまう事です。

 

光脱毛に対応している物と美容電気脱毛に対応している物があり、美容電気脱毛は医療機関やエステで使われる事が多く、家庭で使える脱毛器には光脱毛に対応している機種がメインです。

 

その為使い勝手は良いですが永久脱毛はできません。

 

<2.除毛とは>

除毛

 

除毛とは表面に見えている毛だけを取り除く方法です。

 

カミソリやシェーバーを使った方法がこれに当たります。

 

毛を抜くわけでは無いので周期的に生えてきます。

 

除毛の際は肌を傷つけないよう注意が必要になります。

 

<3.抑毛とは>

抑毛

 

抑毛とは毛の成長を抑えて生えてくる毛を目立ちにくくする事です。

 

商品としては機械ではなくローションやジェルなどの“塗る商品“となります。

 

即効性はありませんが長期的に見ると良い方法です。

 

<4.脱色とは>

市販の脱色剤を使って生えている毛の色素を抜き、見た目に目立ちにくくする事です。

 

ひげへのケアとしてはあまり向いていません。

 

●除毛や脱色は大人が行っても肌へのダメージが出る事があるので、小学生女子がひげのケアとして使う事は避けたい方法です。

人気なのがフェリエですが・・・

フェリエ

 

様々なケア方法の中でも小学生女子に人気が高いのは“フェリエ”を使った方法です。
フェリエとはPanasonicから販売されている「顔そり専用のシェーバー」です。

 

見た目も可愛く持ち運びにも便利なので、修学旅行などの泊りがけの行事の際にも持参できるので喜ばれています。

小学生女子におすすめのケアは“抑毛“

ノイス

 

フェリエの人気が高いと言ってもそれは剃った時だけ効果があるので根本的な問題解決にはなりません。時間が経つとひげはまた生えてくるので結局は繰り返しケアをしなくてはならないのです。
だからこそ小学生女子におすすめしたい方法が“抑毛”なのです。

 

上記に説明を書きましたが、抑毛は毛の成長を抑える働きがあります。
「塗った直後に実感」とはいきませんが、徐々に時間をかけてひげを細く目立たない状態にしてくれます。

 

毎日塗ってひげを弱くしていきましょう。

 

男の子ならともかく、女の子が小学生の年齢からひげのケアに多くの時間を費やすのはかなり苦痛だと思います。脱毛サロンなどは手っ取り早い方法ですが成長途中の小学生にはまだ早い方法です。

 

費用を抑えて手軽にケアしたいのであれば抑毛を行いつつ気になる時はフェリエを使う方法がベストだと言えます。

 

本来、顔に必要の無いひげを無くす事によって表情が明るくなり可愛くなりますよ。

 

 

>>小学生のひげケアクリームランキングはこちら